オーディションWS開催! 

『ハツカネズミと人間』など新プロジェクト出演者募集

    

ステージ

代表・矢内文章を中心に舞台作品をプロデュース・上演する活動

パス&ゴー

ステージ内外でコミュニケーションの輪を広げる活動

トレーニングマッチ

『動詞で考える』をキーワードとした演技・演出のワークショップ

  • 舞台上やカメラ前に生き生きと立つためには
  • 人を動かすコミュニケーションのためには
  • 参加者からのご感想

チーム

矢内文章

アトリエ・センターフォワード代表(作・演出・出演担当)

1971年生。劇団俳優座研究生修了。東京学芸大学卒。

『BENT』『エンジェルス・イン・アメリカ』 (TPT/読売演劇大賞優秀作品賞他受賞) や『バーム・イン・ギリヤド』『1945』 (the company) などのR.A.アッカーマン演出作品に数多く出演後、俳優としてだけでなく劇作家・演出家としても作品を発表するために、2008年、演劇ユニット「アトリエ・センターフォワード」を結成。全作品の劇作・演出・出演を担当。

「動詞で考える」をキーワードに、社会が抱える構造的問題と人物の葛藤に正面からぶつかり、厳しい状況下で懸命に生きるからこそ生まれるユーモアを大切に、「硬質でいて軽やか、精緻かつダイナミックな表現」を目指し、創作している。

また、同キーワードのもと演技ワークショップや演劇講師としても活動中。

アトリエ・センターバック

活動をフィールド後方から支え、ときには得点までしちゃうようなメンバー

“センターバック”になりませんか? アトリエ・センターフォワードは、作品ごとに集うキャスト・スタッフ、そしてセンターバックメンバーがともに作品を作り上げていくチームです。

メンバーはいわゆるお手伝いさんではありません。代表・矢内らと話し合い、各々の持ち味や希望、将来の展望などを踏まえ、柔軟に、意欲的に、力を発揮して頂けることを望んでいます。同じフィールドに立ってチームを支え、ときには得点もするのがセンターバックです。

「人が集まれば可能性が広がる。」をモットーに、どんどん活躍の場を広げていきましょう。

アトリエ・センターフォワード

沿革

2008年、矢内文章のオリジナル作品を上演するために結成。年2回程度の公演で様々な角度から「個人では抗えない大きな流れのなかで必死に闘う人々」を描く。2013年には海外戯曲シリーズも創設、2014年には劇場で交流を広げる外国人無料招待企画『バックパック&シアター』も開始し、挑戦の幅を広げている。

“センターフォワード”は、あらゆる感覚を研ぎ澄まし、知恵と労力をフル活用してゴールを奪う。舞台上での大胆かつ繊細なプレイを目指し、サッカーを愛してやまない代表の矢内が最もこだわりを持つこのポジションを団体名に冠する。

硬質な題材を、皮肉やユーモアを交えた自分たちの言葉と感覚で「ストーリー」と呼ばれるものに紡ぐ作風。安易に説明的にならず、イメージが先行しすぎもしない。目指すは「硬質でいて軽やか、精緻かつダイナミックな表現」。その手法は、社会や人間の深淵を覗き見したいがためのオーソドックスな正面突破。これが私たちのエンターテイメントです。

連絡先

サポーター

舞台公演のご来場者やワークショップ参加者から頂いた、時には厳しいご意見ご感想
とても素晴らしかったです。現在の世相に深く切り込む、するどいセリフひとつひとつ脳にささりました。
1人のかよわい存在もあきらめず希望をもつ大切さをおしえてくれました。 強さ 弱さ ずるさ 沢山の人間像がみられました。 仲間の心 とても 感動的でした。
 私は今まで演技をする中で、相手の言っていることを聞いて自分がどう動くか、という受動的な方向でやっていました。それでも十分やりとりはできていると思っていましたが、今回、相手に対しての働きかけを、「自分がどうしたいか?」という能動的なアプローチでやってみて、自分では予期せぬ感情が出てきたり、予期せぬ行動をしたり、自分でも「今なんで私はこんなことを思っているんだろう?今のは何だろう?」と理解不能な心や体の動きが出てきて少し自分に翻弄された部分がありました。でも、自分の生の今の感情を出していくということはとても重要な役作りの過程であり、今後の演劇活動に役立てていきたいと思いました。