第14回公演路地裏海賊譚 カコノユクエ

第14回公演『路地裏海賊譚』フライヤー表
第14回公演『路地裏海賊譚』フライヤー裏

消えた恋人が残した荒唐無稽な小説『路地裏海賊譚』。
マリアはそれを探しに恋人が住んでいた部屋へ飛び込んだ。
タンゴが流れる港町の古いアパートメント。
箱入りのマリアから見ればなんでもできる自由な人々。
だが、手掛かりに導かれ探すことになったのは、
それぞれの過去…。
軍事独裁政権の弾圧をかいくぐり、
マリアとアパートの住人たちは
隠された真実を知るため
見えなかった現実に立ち向かうため
『路地裏海賊譚』とともに大海原へ出航する。

アトリエ・センターフォワード最新作は
現代社会と人間の想像力に挑む、
大胆で静謐な冒険サスペンス。

キャスト

中野 英樹

NAKANO, Hideki

アトリエ・センターフォワード初出演。

保 亜美

TAMOTSU, Ami

アトリエ・センターフォワード初出演。

眞藤 ヒロシ

SHINDO, Hiroshi

第1回公演からほぼすべて、今作で11回目の出演。

みょんふぁ

HONG, Myunghwa

第11回公演『あられもない貴婦人』出演。

高安 智実

TAKAYASU, Tomomi

第10回公演『シャワー』出演。

中野 匡人

NAKANO, Masahito

第12回公演『THE WALL -ある寓話-』出演。

土井 真波

DOI, Manami

アトリエ・センターフォワード初出演。

長田 大史

OSADA, Hiroshi

アトリエ・センターフォワード初出演。

小杉 美香

KOSUGI, Mika

第8回公演『ヘッダ・ガブラー』出演。

矢内 文章

YANAI, Bunsho

アトリエ・センターフォワード代表。

タイムスケジュール 2017年2月1日[水]~5日[日]

開演日時 2/1[水] 2/2[木] 2/3[金] 2/4[土] 2/5[日]
昼14:00
〜16:10
Stage 2 Stage 5 Stage 7
夜19:00
〜21:10
Stage 1 Stage 3 Stage 4 Stage 6
終演後 ロビー懇親会
ミロンガ風
〜22:00
  • ※受付開始は開演45分前。整理券をお配りします。
  • ※30分前より整理券番号順にご着席いただけます。
  • ※上演時間1時間45分。
  • ※上演時間2時間10分程度。

会場 東京・両国 シアターXカイ

〒130-0026 東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア 1F シアターXカイ

  • JR総武線「両国」駅西口下車、左へ徒歩約3分
  • 都営地下鉄大江戸線「両国」駅A4・A5出口徒歩約8分

外部メディア掲載

東洋経済日報

Corich舞台芸術!

Facebookイベント

カンフェティ

カンフェティ

チラシステージ

チラシステージ

スタッフ

作・演出 矢内文章
美術 寺田真理
衣装 田邉千尋
照明 若井道代(ライティングユニオン)
音響 堀江 潤
音楽 高崎真介
タンゴ振付 大貫アイ
舞台監督 藤岡文吾
ヘアメイク 鎌田直樹
宣伝美術 松田陽子
撮影コーディネイト 冨士山和夫
記録映像 くろまく㈱
製作 アトリエ・センターバック

  • 工藤 彩
  • 小暮智美
  • 岡村尚隆
  • 小関達也
制作協力 間宮あゆみ
制作 大貫アイ(音楽劇団シャラパン)
主催 アトリエ・センターフォワード

協力

  • 榎の樹ホール
  • シアターノルン
  • ㈱コムレイド
  • 劇団俳優座
  • ㈲フレンドスリー
  • 劇団チャリT企画
  • M.M.P
  • V-AGENCY
  • ㈱CES
  • 劇団ムツキカっ!!
  • 劇団うぉーく
  • ㈲タ クラフト
  • 桜建設㈱
  • ㈱土屋電業
  • 池田機業㈱
  • IKSALON表現者工房
  • Shibuya Cross-FM
  • 恵比寿Studio-J
  • オプトランドエンターテイメントジャパン
  • 斉藤真希
  • 大刀佑介
  • 稲葉能敬
  • 根来美咲
  • 深沢亜美
  • 前田愛子
  • 高橋俊也
  • 藤井 円
  • 山木理沙
  • 中込里菜
  • 横関友希
  • 佐藤佳奈
  • 星野真央
  • シゲキマナミ
  • Joe
  • Maiko(タンゴダンスアジア選手権チャンピオン)

お問合せ

(代表)アトリエ・センターフォワード
 ☎TEL:080-6685-2908 info@centerfw.net

第11回公演『あられもない貴婦人』

全12ステージ終了いたしました。
1000人を超えるお客様の一人一人に心より感謝申し上げます。

アルバム

「東京新聞」掲載

「東京新聞」掲載

あらすじ

昭和25年7月。未だ占領下の東京。

闇市を見下ろす洋館に身を寄せる戦争未亡人たちと
夜な夜な訪れる男たちのサロン「貴婦人」。

夢で腹は膨れない。
綺麗ごとで欲望は満たされない。

降って湧いた戦争特需は、
心の渇いた女を
腹の減った男を
どこに連れて行くのだろうか。

また我慢を強いるのですか?
まだ犠牲を求めるのですか?

私たちは笑い飛ばしてみせます。
生きていきます。

ようこそ、サロン「貴婦人」へ。

キャスト

桂 ゆめ

KATSURA, Yume

(劇団俳優座)
1999年劇団俳優座入団。2005年に俳優座劇場プロデュース「家族の写真」で抜擢されて以降は劇団内外でも主要な役を演じる。
劇団の主な出演作品は「桜の園」「東海道四谷怪談」「樫の木坂四姉妹」「どん底」「春立ちぬ」「颶風のあと」など。外部では俳小「さぶ」や華のん企画「チェーホフ短編集2」他。
映画では「神を握り潰した男」で初ヒロイン。他にも「絶叫学級」「L〜CHANGE THE WORLD」「伊能忠敬〜子午線の夢〜」など多数出演。
テレビやCMにも多数出演。最近の出演作品はUULA配信「奇妙な恋の物語(縁切り神社)」は、現在も動画配信中。
今年4月から「桂ゆめの朗読教室」を主宰。2ヶ月に1度発表会を開催。
アトリエ・センターフォワードには初出演。

稲葉 能敬

INABA, Yoshitaka

劇団唐組を経て、1999年劇団桟敷童子旗揚げより参加。劇団桟敷童子では、「海猫街」で文化庁芸術祭優秀賞受賞、「泳ぐ機関車」では紀伊國屋演劇賞、読売演劇大賞を受賞。劇団公演の他に外部公演にも多数出演、商業演劇から小劇場まで幅広く活動。
アトリエ・センターフォワードには前回公演の『シャワー』に続き三回目の出演となる。

川辺 邦弘

KAWABE, Kunihiro

(文学座)
千葉県出身 2000年文学座研究所入所。05年座員となる。
近年の主な舞台「ヘンリー六世」「リチャード三世」(新国立劇場)、「見知らぬ乗客」(東京グローブ座)、「欲望という名の電車」(青年座交流プロジェクト)、「お気に召すまま」「近未来能・天鼓」(文学座)、「毒舌と正義」(ワンツーワークス)、「小林一茶」(こまつ座)など。また2012年文学座アトリエ公演「Nasza Klasa ナシャ・クラサ」では、第20回読売演劇大賞 最優秀作品賞授賞。
映画「パッチギ!Love&Peace」
アテレコ「ザ・パシフィック」(ビル・レイデン一等兵役)等。

片桐 はづき

KATAGIRI, Hazuki

1984年生まれ、千葉県出身。2004年 日本工学院専門学校 演劇俳優科 舞台俳優コース卒業。
卒業後はフリーで活動開始。2011年~2013年 『箱庭円舞曲』所属。現在は演劇ユニット『カスガイ』に構成員として参加。最近では落語にも挑戦。
主な客演として、『月刊「根本宗子」』『柿喰う客』『ゲキバカ』『□字ック』など、他多数。
馬好き。趣味はボルダリング。
アトリエ・センターフォワード初出演

小暮 智美

KOGURE, Tomomi

1983年6月23日生まれ。福島県会津出身。
舞台俳優になることを目標に高校の頃より演劇部・ダンス・声楽・市民劇団等、様々な活動を開始する。
桐朋学園の演劇科に進学。2年の学生生活を経て、劇団青年座研究所実習科へ入所。翌年、劇団青年座へ入団。現在、入団11年目に突入。
内外の公演、旅公演、映像、声優、方言指導、パフォーマンス等、精力的に活動中。方言指導で言えば、NHK大河ドラマ『八重の桜』、松竹映画『超高速!参勤交代』、NHKスペシャルドラマ『live! love! sing!』等に関わっている。(これらの作品には出演もしている。)
2012年には、同世代の新劇女優7人を集めた演劇ユニットOn7を立ち上げ、芝居だけに留まらず、パフォーマンスや音楽劇にも挑戦している。
最近の出演作『見よ、飛行機の高く飛べるを』『あゆみ』『をんな善哉』『擁濫』

眞藤 ヒロシ

SHINDO, Hiroshi

1995年、劇団新感線入団。以後、同劇団公演に参加のほか、客演も多数。主な出演作品に、舞台『スーパー歌舞伎「オオクニヌシ」』『髑髏城の7人』『ドラゴンロック2』『それいゆ』『夢の肉弾三勇士』『無頼漢』『繭文~放蕩ノ吊ラレ作家~』ほか多数。
アトリエ・センターフォワードには第1回以降ほぼすべての公演に出演。無くてはならない重要なポジションを担う。

間宮 あゆみ

MAMIYA, Ayumi

1973年生まれ、東京都町田市出身。高校卒業後、小学生の時に触れた演劇が忘れられず、俳優を志し千代田工科芸術専門学校(演劇科)に入学。
卒業後は縁あって渋谷のミニシアターに入社、映画興行の世界で長らく働くが、演劇への道を再び考えるようになり2009年より石丸さち子主宰の「俳優私塾POLYPHONIC」に一期生として入塾、現在に至る。
これまでの主な出演作品は、10年「楽屋」、12年「ペール・ギュント」、13年「テネシーの女たち」「帝国の建設者」、14年「燕のいる駅」(すべて石丸さち子演出)。
アトリエ・センターフォワード『動詞でやってみる』ワークショップへの参加を通して今回のキャスティングに至る。

洪 明花

HONG, Myunghwa

(ユニークポイント)
大阪芸術大学音楽学科ピアノコース卒業。
幼少より、大阪の韓国舞踊団に所属し、韓国舞踊や打楽器を学び、その他、韓国語、英語、ピアノ、ギター、パンソリなど趣味、特技も幅広い。
女優業として、劇団「そとばこまち」を経て、現在は、劇団「ユニークポイント」に所属し、映像・舞台共に活動。
舞台では、劇団公演以外に、燐光群や椿組、風琴工房、ワンツーワークス、山の手事情社などに客演し、映画では、「血と骨」「中学生円山」「黄金を抱いて翔べ」「水の声を聞く」などに出演。ナレーションや司会業なども務める他、映画や舞台の通訳・戯曲翻訳も手がける。
2014年度文化庁在外研修で、韓国の国立劇団で軍隊並の俳優訓練を受け、1月に帰国。
アトリエセンターフォワード初出演。

成田 浬

NARITA, Kairi

東京都出身。劇団青年座研究所を経て、フリーの役者としてジャイルス・ブロック演出【リア王】で初舞台。その後、デヴィッド・ルヴォー、栗山民也、蜷川幸雄、宮田慶子等の演出作品に出演。芸能事務所[夢工房]に所属した10年間には映画やテレビ、CM等にも活動の場を広げ、声の事務所アクセントでは、テレビやラジオのナレーションも数多い。
 役者として再びフリーとなってからは、小劇団やプロデュース公演等へも積極的に参加すると共に、「想い」で繋がる縁を大切に童話劇などに参加したり、海外ロケの映画に出演したり、有難くも自由な役者活動を送っている。
 現在はフリー。【演劇倶楽部「座」座友】【株式会社アクセント預かり(声のみ)】
アトリエ・センターフォワードには今回が初参加。

矢内 文章

YANAI, Bunsho

アトリエ・センターフォワード代表。作・演出・出演担当。 1971年、東京都出身。
劇団俳優座研究生3年修了。東京学芸大学教育学部卒。
一般社団法人日本演出者協会会員。
20代より俳優として活動しながら自主制作映画の脚本・監督を担当し、ワークショップの台本なども執筆。
30歳でリチャード・ギアやアル・パチーノ、ショーン・ペンらからも信頼の厚い演出家R.A.アッカーマンと出会い、7年間作品をともにし様々な影響を受ける。
2008年にアトリエ・センターフォワードを設立。
すべての事柄が作品コンセプトから出発することを目指すため、スタッフや俳優が作品ごとに集うプロデュース形式とした。

日程:2015/ 6/27[土] ~ 7/5[日]

6/27(土) 28(日) 29(月) 30(火) 7/1(水) 2(木) 3(金) 4(土) 5(日)
アフター
トーク
矢内


川辺
(進行)
大貫
矢内
眞藤
稲葉
小暮
(進行)
矢内
成田
眞藤
片桐
(進行)
矢内
間宮
小暮
川辺
(進行)
大貫
矢内
片桐
稲葉

(進行)
大貫
矢内

成田
間宮
(進行)
大貫
矢内


片桐
(進行)
大貫
昼14:00
夜19:30

※◯:プレビュー公演
※★:終演後、20分程度のトークイベント開催(出演者は予告なしに変更する可能性があります)
※上演時間 約1時間55分
※開場は上演開始の30分前です

チケット料金・購入

前売: 3,800円 当日: 4,000円
プレビュー 2,500円(27日のみ)
学生割引  2,500円 ※1
地域割引  2,500円 ※2(劇場周辺在住・在勤の方)
外国人観光客 無料 ※3(その同伴者は3,000円)

日時指定・全席自由

4月27日(月)からチケット発売!

※1 『学生割引』 義務教育から大学、専門学校までの「学生全般」に適用されます。
また劇団、プロダクション等の俳優養成所も含まれます。(センターフォワードオンラインのみ取り扱い)
※2 『地域割引』 劇場周辺在住・在勤・在学の方に適用されます。
対象地域は、新宿区(中井1〜2丁目、中落合1〜3丁目、下落合1〜4丁目、西落合1〜4丁目)、豊島区(目白1〜5丁目、南長崎1〜6丁目)となります。
当日、受付にて「学割」「地域割引」を証明するものをご持参ください。
※3 『外国人観光客無料』 本公演期間中、海外からいらして日本をご旅行されている方に適用されます。
※なお、未就学児童の入場はご遠慮願います。

会場:シアター風姿花伝

シアター風姿花伝 地図
http://www.fuusikaden.com/
新宿区中落合2-1-10
☎ 03-3954-3355

  • 西武池袋線 「椎名町」駅南口徒歩8分
  • 西武新宿線 「下落合」駅北口徒歩10分
  • 都営大江戸線「落合南長崎」駅徒歩12分
  • JR山手線 「目白」駅   徒歩18分
  • 目白駅前から都営バス・西武バスで「目白5丁目」バス停そば

スタッフ

出演 桂 ゆめ(劇団俳優座)
稲葉能敬(劇団桟敷童子)
川辺邦弘(文学座)
片桐はづき
小暮智美(劇団青年座)
眞藤ヒロシ
間宮あゆみ
洪 明花(ユニークポイント)
成田 浬
矢内文章
作・演出 矢内文章
美術 根来美咲(劇団青年座)
舞台監督 大刀佑介
照明 鷲崎淳一郎(㈲ライティング ユニオン)
音響 堀江 潤 大石夏季
振付 工藤美和子
衣装 有島由生
ヘアメイク 鎌田直樹
宣伝美術 松田陽子
記録映像 谷 若菜(くろまく)
演出助手 大貫アイ(音楽劇団シャラパン)
制作 mtakeda(junksharp)
高橋俊也(THEATRE-THEATER)
監修 冨士山和夫
主催 アトリエ・センターフォワード

お問合せ

080-6685-2908 / info@centerfw.net

第10回公演『シャワー』

2014年10月20日(月)〜26日(日)
シアター風姿花伝(計10ステージ+トークイベント6回)


平成26年度文化庁芸術祭参加公演
新宿フィールドミュージアム2014参加作品


ただのパーツなら、動かすシステムを知らずにいられる。
それを知る者は、だからこそパーツでいようとする。
だが、「いのち」はその罪を許さない。
「いのち」すら造られ、選ばれる世界でも、
宿り、輝く「いのち」のシャワー。

アトリエ・センターフォワード 第10回公演『シャワー』 残酷な選択でも、一緒にいてほしい。 10 万年の孤独になど、耐えられないから。 近未来の荒野で紡がれる「いのち」の物語。
『シャワー』チラシ裏面

2014年10月20日(月)〜26日(日)

全10回公演+トークイベント6回

開演時間(開場は開演30分前)
19 日 20 月 21 火 22 水 23 木 24 金 25 土 26 日
14:00 14:00 14:00 14:00
19:30 (プレビュー) 19:30 19:30 19:30 19:30 19:30 19:30
トークイベント なし 夜公演後 夜公演後 夜公演後 夜公演後 夜公演後 夜公演後 なし

キャスト・スタッフ

  • 本郷 弦 (HONGOH, Gen)

    「無名塾」所属
    (写真はアトリエ・センターフォワード第9回公演『プロペラとスカーフ』より)

  • 牛水 里美 (USHIMIZU, Satomi)

    (黒色綺譚カナリア派) (写真は第9回公演『プロペラとスカーフ』より)

  • 大手 忍 (OHTE, Shinobu)

    (劇団桟敷童子)

  • 小山 萌子 (KOYAMA, Moeko)

    中国・天津で生まれ。日本と中国のクォーター。6歳まで中国で育つ。桐朋学園大学短期大学部芸術科演劇専攻を卒業後、扉座を経て永井愛さんの主宰する二兎社やtptをはじめ数多くの舞台に出演。
    (写真はアトリエ・センターフォワード第9回公演『プロペラとスカーフ』より)

  • 舘 智子 (TATE, Tomoko)

    タテヨコ企画主宰。KAKUTA・東京タンバリン・散歩道楽・乞局・菅間馬鈴薯堂等、客演多数。女子プロレスラー、ストーカーのおばちゃん、芸術家の愛人、敏腕映画プロデューサーなどなど、様々な女性像を演じる。
    (写真はタテヨコ企画第26回公演 短篇作品集『谷繁』より)

  • 高安 智実 (TAKAYASU, Tomomi)

    写真は G.com『千羽鶴』稽古より

  • 眞藤 ヒロシ (SHINDOH, Hiroshi)

    (写真は第9回公演『プロペラとスカーフ』より)

  • 永野 和宏 (NAGANO, Kazuhiro)

    東京都出身。『劇団新人会』所属。ジャンルを問わず、様々な舞台に出演。主な出演作品…『素劇・奇跡の人』(劇団新人会)、『爾‐王の男』(日韓演劇交流センター)

  • 稲葉 能敬 (INABA, Yoshitaka)

    劇団唐組を経て、1999年劇団桟敷童子旗揚げより参加。劇団公演の他、外部公演にも多数出演。商業演劇から小劇場まで幅広く活動。アトリエ・センターフォワードには、第7回公演『「F」ト呼バレル町』、以来二度目の出演。
    (写真はてがみ座『乱歩の恋文』より)

  • 矢内 文章 (YANAI, Bunsho)

    アトリエ・センターフォワード代表
    (写真は第9回公演『プロペラとスカーフ』稽古より)

出演 本郷 弦(無名塾)
牛水里美(黒色綺譚カナリア派)
大手 忍(劇団桟敷童子)
小山萌子
舘 智子(タテヨコ企画)
高安智実
眞藤ヒロシ
永野和宏(劇団新人会)
稲葉能敬(劇団桟敷童子)
矢内文章
作・演出 矢内文章
美術 根来美咲(劇団青年座)
舞台監督 深沢亜美
照明 島田雄峰・枡田佳奈(LST)
音響 角張正雄
衣装 有島由生
ヘアメイク 鎌田直樹
宣伝美術 松田陽子
宣伝映像 新藤哲也・小西ヨウタ
演出助手 大貫アイ(シャラパン)
制作補 しむじゃっく
制作 高橋俊也(Theatre-Theater)
監修 冨士山和夫
主催 アトリエ・センターフォワード

料金

日時指定・全席自由

   前売 3,800円
当日 4,000円
プレビュー 2,500円(19日夜のみ)
  学生割引 2,500円 ※1
地域割引 2,500円 ※2(劇場周辺在住・在勤の方)
外国人観光客 無料(同伴者3,000円) ※3

チケット完売しました。チケット発売中!

※1 『学生割引』 義務教育から大学、専門学校までの「学生全般」に適用されます。
また劇団、プロダクション等の俳優養成所も含まれます。(センターフォワードオンラインのみ取り扱い)
※2 『地域割引』 劇場周辺在住・在勤・在学の方に適用されます。
対象地域は、新宿区(中井1〜2丁目、中落合1〜3丁目、下落合1〜4丁目、西落合1〜4丁目)、豊島区(目白1〜4丁目、南長崎1〜6丁目)となります。
当日、受付にて「学割」「地域割引」を証明するものをご持参ください。
※3 『外国人観光客無料』 本公演期間中、海外からいらして日本をご旅行されている方に適用されます。
※なお、未就学児童の入場はご遠慮願います。

シアター風姿花伝

シアター風姿花伝 地図
http://www.fuusikaden.com/
新宿区中落合2-1-10
☎ 03-3954-3355

  • 西武池袋線 「椎名町」駅南口徒歩8分
  • 西武新宿線 「下落合」駅北口徒歩10分
  • 都営大江戸線「落合南長崎」駅徒歩12分
  • JR山手線 「目白」駅   徒歩18分
  • 目白駅前から都営バス・西武バスで「目白5丁目」バス停そば

お問合せ

アトリエ・センターフォワード ☎ 080-6685-2908
E-mail info@centerfw.net

協力

  • 無名塾
  • 黒色綺譚カナリア派
  • 劇団桟敷童子
  • ㈲エンパシィ
  • タテヨコ企画
  • ㈲フレンドスリー
  • 劇団新人会
  • FORREAL
  • ㈱ギフト
  • ㈲現代制作舎
  • 劇団青年座
  • 劇舎カナリア
  • ㈲タ クラフト
  • 桜建設㈱
  • ㈱土屋電業社
  • 池田機業㈱
  • オプトランドエンターテイメントジャパン
  • 桂ゆめ
  • 河野秀和
  • 福永尚彦
  • 星野真央
  • 竹之内郁舗
  • 廣田健
  • 小山貴司
  • 長谷川麻由美
  • 川原洋子
  • 横田萌々
  • 小鷲順子
  • 宝地戸千秋
  • 鈴木貴大
  • 辻創太郎
  • 水渓真希

第1回公演『その川に流るるは…』

2008年12月16日(火)~21日(日)
銀座みゆき館劇場(計8ステージ)

第1回公演『その川に流るるは…』チラシ表 第1回公演『その川に流るるは…』チラシ裏

ユーゴ内戦下、戦争にのみこまれてゆく普通の若者達を描いた群像劇。

セルビア出身のドラガン・ストイコビッチ選手(1999年当時)が
Jリーグ公式戦中に起こした、NATO空爆への抗議行動をきっかけに
誕生した作品です。

相対する勢力それぞれの状況を同じ俳優が同じセットで演じるという
シンプルながらも野心的な試みと、善悪二元論ではないパースペクティブな視座からの群像描写が高く評価されました。

CAST

中山一朗 / 井上智之 / 椿 真由美 / 和田哲作
馬場恒行 / 安藤 瞳 / 豊田茂
井上裕朗 / 眞藤ヒロシ / 矢内文章

STAFF

       作・演出 矢内文章
       演出助手 カトウシンスケ
         美術 宇野奈津子
         照明 石島奈津子
         音響 橋本絢加
ヘアメイクアドバイザー 鎌田直樹
       舞台監督 井関景太(るうと工房)
         制作 松本恵美子
    プロデューサー 冨士山和夫
         主催 アトリエ・センターフォワード
            OPTLAND ENTERTAINMENT JAPAN

第2回公演一条家サロン ~アラブルカゼニクツオトガタカナル~

2009年7月23日(木)~29日(水)
シアター風姿花伝(計10ステージ)

第2回公演『一条家サロン』チラシ表 第2回公演『一条家サロン』チラシ裏

舞台は昭和10年の日本。
政商の父を満州で亡くし、東京の屋敷に戻ってきた三姉妹。だがそこは放蕩三昧の長男とその友人たちがタムロするサロンと化していた…。

チェーホフの「三人姉妹」「桜の園」をモチーフに、世界大恐慌から
大戦争へ向かった時代のワンカットを描いた書き下ろし第2作。

CAST

椿 真由美 / 立原 麻衣 / 佐藤 麻衣子 / 原 扶貴子
五十嵐 明 / 高松 潤 / 矢内文章
井上裕朗 / 眞藤 ヒロシ / 吉田智則

STAFF

       作・演出/矢内文章
       演出助手/カトウシンスケ
         美術/宇野奈津子
         照明/深瀬元喜
         音響/上野 雅
      ヘアメイク/梅澤裕子
ヘアメイクアドバイザー/鎌田直樹
       舞台監督/鈴木晴香(るうと工房)
         制作/松本恵美子
    プロデューサー/冨士山和夫
         主催/アトリエ・センターフォワード
            OPTLAND ENTERTAINMENT JAPAN

第3回公演ブルー・ウォーター ~20XX火星編~

2010年3月3日(水)~10日(水)
シアター風姿花伝(計11ステージ)

第3回公演『ブルー・ウォーター ~20XX火星編~』チラシ表 第3回公演『ブルー・ウォーター ~20XX火星編~』チラシ裏

さび色の大地にドーム型のコロニー。
火星へと流れ着いた水源探索者たちは、唯一の酒場で酔いをまわす。

きっかけは、その女だった…。

書き下ろし第3作はなんとSF。「水」をキーワードに、環境問題や
格差問題をおりこみつつ、人間の「欲」や「こころ」に迫った意欲作。

CAST

中川安奈 / 椿 真由美 / 佐藤麻衣子 
栗原 茂 / 斉藤直樹 / 佐藤晴彦 / 巌 大介 
五十嵐 明 / 眞藤ヒロシ / 矢内文章

STAFF

       作・演出 矢内文章
       演出助手 大久保遼 カトウシンスケ
         美術 宇野奈津子
         照明 宮野和夫
         音響 上野 雅
      ヘアメイク 梅澤裕子
ヘアメイクアドバイザー 鎌田直樹
       衣裳進行 及川千春
       舞台監督 深沢亜美(るうと工房)
         制作 松本恵美子
 トータルアドバイザー 冨士山和夫
         主催 アトリエ・センターフォワード

第4回公演『中庭にリング』

2010年11月17日(水)~24日(水)
シアター風姿花伝(計11ステージ)

第4回公演『中庭にリング』チラシ表 第4回公演『中庭にリング』チラシ裏

働き盛りの男女が老後を支えあおうと集まったコミュニティ。
希望と欲望。渦巻く不安。善意と悪意と、せめてものユーモア。
ここは現代社会で闘うぼくらのリング。
泣くことができたらいいのに。
必要なのは一滴の毒かもしれない・・・。

第4作は現代の日本を舞台に、将来への漠然とした不安や目前の問題と格闘するロス・ジェネ世代最年長組の物語。

CAST

椿真由美/立原麻衣/佐藤麻衣子
五十嵐明/福谷セイジ/荒川大三郎
井上裕朗/眞藤ヒロシ/佐藤晴彦/矢内文章

STAFF

       作・演出/矢内文章
         美術/宇野奈津子
         音響/上野 雅
         照明/割石敦子(東京舞台照明)
      ヘアメイク/梅澤裕子
ヘアメイクアドバイザー/鎌田直樹
       美術助手/及川千春
      稽古場助手/四宮勘一
       舞台監督/深沢亜美(るうと工房)
         制作/松本恵美子
 トータルアドバイザー/冨士山和夫
         主催/アトリエ・センターフォワード

第6回公演『ドーナツの穴』

2012年1月7日(土)~15日(日)
シアター風姿花伝(計12ステージ)

#6『ドーナツの穴』チラシ表 #6『ドーナツの穴』チラシ裏

東日本大震災をきっかけとして
あらわになった日本の構造的問題を、
GNH(国民総幸福量)を指標とする国での若者たちと
戦後復興期のパンパンたちの苛烈な物語を融合することで
あぶりだした意欲作。
未来を前向きに考えたいとの願いを込めた作品。

CAST

勝平ともこ/眞藤ヒロシ/斎藤ナツ子/勝島乙江/
堀口和也/佐藤晴彦/小田伸泰/柳下季里/
上田和弘/矢内文章

STAFF

      作・演出 矢内文章
        美術 宇野奈津子
        音響 上野雅
        照明 奥田賢太(colore)
      舞台監督 深沢亜美(るうと工房)
      美術助手 及川千春
     ヘアメイク 鎌田直樹
トータルアドバイザー 冨士山和夫
     制作・主催 アトリエ・センターフォワード

第7回公演「F」ト呼バレル町』

2012年10月4日(木)~11日(木)
シアター風姿花伝(計11ステージ)

#7『「F」ト呼バレル町』チラシ表 #7『「F」ト呼バレル町』チラシ裏

原発事故から1年半。警戒区域が見える高台。
前に進む準備のできていない男とたおやかに寄り添う女の物語。
「鎮魂」は死者のためか、生き残った者のためか。
抑圧に抗う生き様を描いてきた作品群のひとつの集大成。

CAST

稲葉能敬/井上カオリ/勝島乙江
大家仁志/尾身美詞/前田剛/広田豹
佐藤晴彦/眞藤ヒロシ/矢内文章

STAFF

           作・演出 矢内文章
             美術 宇野奈津子
             照明 奥田賢太(colore)
       照明オペレーター 大津裕美子
             音響 岡田悠(One-Space)
振付・フィジカルコーディネート 智春(チィキィ*パークゥ)
             衣裳 及川千春
          ヘアメイク 鎌田直樹
             制作 野崎百合香
           舞台監督 浦本圭亮 川除学(至福団)
     トータルアドバイザー 冨士山和夫
          制作・主催 アトリエ・センターフォワード