宮沢賢治生誕120年企画 劇作家競作シリーズ賢治の声を探して その4 『ケンタウルと天使の矢』

●宮沢賢治生誕120年企画
劇作家競作シリーズ・賢治の声を探して その4
『ケンタウルと天使の矢』

その薄幸な少女にだけは、空から降りてきた天使の姿が視えた

【NHK FM】

2016年7月30日 午後10時~午後10時50分(全1回)

【出演者】

安西慎太郎 石川由依 千葉哲也 土屋シオン
酒向芳 本郷弦 中村彰男 藤村真優
小暮智美 矢内文章 勝平ともこ 山崎智史
川辺邦弘 植村宏司 井内勇希 山森大輔
西原誠吾 チョウヨンホ

【作】

矢内文章

【音楽】

日高哲英

【スタッフ】

演出:   藤井靖
技術:   大友美有紀
音響効果: 柳原耕平

【あらすじ】

下っ端天使のデモネは、天上界の最下層で人間からの「お願い」を仕分ける係。上級天使にお尻を叩かれ、人間に「正しいこと」を行わせる“天使の矢”を携えて、修行のため地上界へ旅に出ることに。二重螺旋状の次元異動装置で弾き飛ばされた先は、どうやら昭和8年の東京・浅草らしい。そこで、一人だけデモネの姿が見える不思議な少女トリステに出会う。トリステは、見世物小屋で働かされている“蛇女”だった…。「ほんとうの幸い」「正義と悪」といった『銀河鉄道の夜』の主題に呼応しながら、ユーモアとアイロニーをもって人間の営みを見つめる寓話的物語。

日本劇作家協会 月いちリーディングアトリエ・センターフォワード『シャワー』(作・矢内文章)

ドラマリーディングとディスカッションから成る、戯曲ブラッシュアップワークショップを目的とした、一般社団法人 日本劇作家協会による「月いちリーディング」。この戯曲に、2014年アトリエ・センターフォワード第10回公演の『シャワー』(作・矢内文章)が選ばれました。

2014年上演時とは異なるキャストによるドラマリーディングの後、矢内文章やゲストとのディスカッションをお楽しみください。

【開催日時】 2015年9月12日(土) 18:00
【会場】座・高円寺 (JR高円寺駅 北口より徒歩5分)
    地下3階 けいこ場2
【参加費】 無料

予約申込み
 **ドラマリーディングを聞き、ディスカッションの場に加わることで、
 戯曲ブラッシュアップにご協力ください。

【ゲスト】流山児祥、篠原久美子
【コーディネイター】山田裕幸
【ファシリテイター】瀬戸山美咲
【出演】
石田迪子
岩倉真彩
小林 至 (双数姉妹)
佐野 功
佐藤拓之 (山の手事情社)
都築香弥子
広田 豹 (ブルバキプリュス)
陽月 華
洪 明花 (ユニークポイント)
丸尾 聡 (世の中と演劇するオフィスプロジェクトM)
山田宏平

文化庁委託事業「平成27年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁/一般社団法人日本劇作家協会
制作:一般社団法人日本劇作家協会
協力:NPO法人 劇場創造ネットワーク/座・高円寺

無料動画配信されます

*月いちリーディングはUstream配信をしています。

当日ご参加できない方も、リーディング・ディスカッションの様子が一ヶ月間保存されますので、そちらをお楽しみ下さい。
(YouTubeのように無料でご覧になれます)

『シャワー』について

アトリエ・センターフォワード『シャワー』公式ページ
アトリエ・センターフォワード第10回公演として、代表の矢内文章による脚本・演出で、2014年10月にシアター風姿花伝にて上演された作品。
平成26年度文化庁芸術祭参加公演。
外国人観光客無料招待公演。『バックパック&シアター』

日韓ディレクターズMT『ソウル・東京・大阪の演劇言語を考える』

「言語の壁を越える」
世界はグローバル化時代だ。
旅行も、インターネットオークションも、経済も国境も、ローカルのあらゆる壁が、砂糖のように溶けて、
そこに壁が無かったかのように感じることも多い。
しかし大いに行われてきたはずの言語の壁はまだまだ厚い。
演劇でもあらゆる試みがその壁を越えようと行われてきた。
それを超えるのは役者の肉体か、物語か、演劇そのものか?
語れば終わりの無いこのテーマを、二日間追求し直す。

【パネリスト】
<大阪> 笠井友仁(エイチエムピー・シアターカンパニー)
<東京> 矢内 文章(アトリエ・センターフォワード)
<ソウル> ミン・ボッキ(劇団チャイム)

【日程】
2015年3月21日(土)・22日(日) 14:00~18:30
※開催時間は前後する可能性があります。
※18:30以降、希望者には会費制2,000円でレセプションに参加できます。

【参加費】
1日のみ 1,500円
2日連続 2,000円

【会場】
延三ビル6階 アートスペース延三
住所:大阪市天王寺区上本町3-3-7
※地下鉄谷町線 「谷町6丁目駅」3番出口より徒歩7分

【予約方法】
メール申込⇒iksalon@yahoo.co.jp
電話申込⇒080-2457-8977(受付時間 平日10:00~17:00)

http://ameblo.jp/meric-i/theme-10066543130.html

ポスターウラ面

ポスターウラ面

トレーニングマッチ (4)『動詞でやってみる』ワークショップ

「聞く」とは、どういうことだろう?
「働きかける」とは?

動詞でやってみよう!

セリフをうまく言おうとする前に
気づいておきたいこと、
考えておきたいことがあるから。

舞台上で生きるために
『動詞でやってみる』

第1週:3月28日(土)29日(日)
第2週:4月4日(土)5日(日) 合計4回

昼の部 13時から16時半
夜の部 17時半から21時
※各週の土日それぞれ1回ずつ、昼夜ご都合に合わせて選んでください。
昼夜とも基本的には同じ内容となります。

都内スタジオ
参加費 1万円 (年齢不問。俳優や演出家など、演劇活動歴のある方。)
※参加者の方に、ACF作品にご出演をお願いすることがあります。

「聞く」ことで衝動が生まれ、
そのエネルギーを相手の心や身体を動かすために使う。
結局は、その連続。

自分の気持ちや状態は、持っていればいい。
ただ、それを表すだけではひとりぼっちです。

対話。
たくさんの情報を相手からもらい、
たくさんの情報を相手に伝える。

その具体的な方法のひとつが「動詞」を利用することなのです。

今、相手に対して、自分自身に対して何をしているのか?
なぜ、そうするのか?
どうやって、そうするのか?

探求は、自分の内側と外側にどんどん進みます。
すると、表現の幅や奥行きがどんどん拡がります。

今回のワークショップは
ひとつのテキストからたくさんのシーンを創る試み。
「聞く」、そして「働きかける」を体感していただきます。

動詞でやってみよう! 矢内文章
アトリエ・センターフォワード 代表

前回までの参加者の感想

「動詞で考える」
女優・間宮あゆみさん
WSに最初に参加したとき、私はこれまでどうやって台本を読んで、考え、分析し、何をよりどころに演技していたんだっけ?
と、ちょっと恐ろしい問いが浮かんでいました…。
実際、昔の台本を引っ張りだして書き込みを確認したほど。驚くほど書いていなかったのです、動詞というものを。
私がきっと(あたりまえ)とか(なんとなく)の世界に置き去りにして、言語化してこなかったこと。
「今、相手に対して、自分自身に対して何をしているのか? なぜ、そうするのか? どうやって、そうするのか?」
WSの場でそれらをシンプルに動詞に言語化する作業は、予想外も飛び出し刺激的で、選んだ「動詞でやってみる」は見るのも演るのも、とにかく楽しくドラマティック。
これまで様々な稽古場で学び、得てきたことは、これからきっと「動詞で考える」で有機的につなぎ、深めることができるはずと思っています。
演劇を続ける限り、必要だと思える場が増えました。次回もよろしくお願いします。

*間宮あゆみさんには翌年の公演にご出演いただくことになりました。
参加者の方に、ACF作品にご出演をお願いすることがあります。

参加申込

参加可能な回 (必須・各日で希望する時間帯をお答えください・昼夜どちらも可能な場合は両方)
2016年8月
お名前
お名前のふりがな
Eメールアドレス
電話番号
(半角数字)
プロフィール・連絡欄

トレーニングマッチ (3) 『動詞で考える』ワークショップ

アトリエ・センターフォワード トレーニングマッチ(3)
「動詞で考える」ワークショップ

より豊かな表現のために。
より深い準備のために。
なにより、
生きるために。

動詞で考えてみませんか?

『動詞で考える』ワークショップ

『動詞で考える』ワークショップ

第1週: 12月13日(土) 14日(日)
第2週: 12月20日(土) 21日(日) 合計4回

昼の部 13時から16時半
夜の部 17時半から21時
※ 各週の土日それぞれ1回ずつ、昼夜ご都合に合わせて選んでください。
例)夜→夜→昼→夜
※ 昼夜とも基本的には同じ内容となります。

都内スタジオ
参加費 1万円 (年齢不問。俳優や演出家など、演劇活動歴のある方。)
※参加者の方に、来年以降のACF作品にご出演をお願いすることがあります。

今、なにをしているのか。
このシーンで、この物語のなかでなにをしているのか。
シンプルに研ぎ澄まされた動詞を選びます。

そして、
「なぜ?」と問いかけ続けることで
役の気持ちや背景、自分自身の内側にアプローチします。
「どうやって?」と考え続けることで
たくさんある表現方法を探究します。

自分自身のためだけではなく、
相手の心や身体を動かすために。
なにより、
生きるために。

いくつかのシーンスタディとテキストを通して
ぜひ具体的に体験してみてください。
俳優や演出家など、
たくさんの表現者と出会えることを願っております。

まずは「聞く」からです。

アトリエ・センターフォワード 代表・矢内文章

前回のワークショップに参加された方の感想などをご参考に、下のフォームからお申込み下さい。ご参加、お待ちしております!

第10回公演『シャワー』

第10回公演『シャワー』

『プロペラとスカーフ』エンディング

第9回公演『プロペラとスカーフ』


参加可能な回 (必須・各日で希望する時間帯をお答えください・昼夜どちらも可能な場合は両方)
2016年8月
お名前
お名前のふりがな
Eメールアドレス
電話番号
(半角数字)
プロフィール・連絡欄

矢内文章演出 日本の近代戯曲研修セミナーin東京『敵討以上』

故・観世榮夫が早稲田大学演劇博物館との共催で近代戯曲のリーディング上演として提案されたものを、実現の直前に逝去されたため、遺志を協会が受け継ぎ、2010年1月より開催されています。研修は、リーディング作品を上演するということを目的にするのではなく、作品、作家の研究、実際上演する上での問題点の考察などを議論し試行しまう。また、日本の近代戯曲が持つ演劇的価値、上演意義なども合わせて考察していきます。

日本の近代戯曲研修セミナーin東京
日程:
<研修期間>2014年8月16日(土)~9月13日(土)
<ドラマリーディング&シンポジウム>2014年9月14日(日)~15日(月・祝)
会場:芸能花伝舎(西新宿)
「菊池寛を読む!」
・「藤十郎の恋」
・「敵討以上」演出:矢内文章

トレーニングマッチ (2) 『動詞で考える』ワークショップ

2014年
7月5・6・12・13日(土日・土日)の4日間

※トレーニングマッチ(3) 参加受付中!

logoshiro   『動詞で考える』

キャラクターにもっと踏み込む、その足がかりに。
自分らしい表現に挑戦する、そのテコに。

それはなにも新しい方法ではありません。
相手の心や体を動かすために、何をしているのか。
その「基本」を考え続けるだけです。
役を探求するために。
表現を追求するために。
この選択肢をつい忘れがちですけど。

何をしているのか?
それはなぜか?

自分の状態や感情を説明するのではなく、
誰かの答えに向かうのではなく。
キャスト、スタッフ、お客様が集う空間の中で生きる。
いつも新鮮に奥行きのある演技をする。

それは、「聞く」ことから始まるのかもしれません。
ぜひ体験にいらしてください。
HI3H0085
アトリエ・センターフォワード
代表 矢内文章

今回もお世話になりありがとうございました

じっくり時間をかけてなので、人を見ている時は客観的だから見えてくるものも、いざ自分がやると見えなくなったりなど色々確認できて良かったです

エチュードや本で何故?どうして?をしていましたが、WS終える度に自分の状態も含めて考えることが多かったような気がします

色々考える種を貰ったように今回思いました
それを育てられるか、枯らすかは自分次第だなとも思いますが。

また機会があれば参加したいと思います

ありがとうございました

※トレーニングマッチ(1)の記録と参加者のご感想

参加要項

以下の要項をよくご確認の上、フォームよりどうぞ奮ってご応募下さい。
※参加者の方に、来年以降のACF作品にご出演をお願いすることがあります。

ワークショップ日程
2014年7月5・6・12・13日の4日間に昼夜の2部を開催します。
各日、どちらかご希望の部にご参加ください。
7月5・6・12・13日(土日・土日)
5(土) 6(日) 12(土) 13(日)
A) 昼の部 13:00〜16:30の3時間半
B) 夜の部 17:30〜21:00の3時間半

※各日とも昼夜をご都合に合わせて選んでください。
※昼夜とも基本的には同じ内容となります。

例: 昼参加→昼参加→夜参加→昼参加

ワークショップ会場
都内スタジオ
ワークショップ参加費
1万円(全4回分)

トレーニングマッチ (1)『動詞で考える』オーディションワークショップ

アトリエ・センターフォワード トレーニングマッチ①
『動詞で考える』
オーディションワークショップ

  1. ワークショップ1日目
  2. ワークショップ2日目
  3. ワークショップ3日目
  4. ワークショップ4日目
  5. ワークショップ5日目

参加者からのご感想

女性参加者から:

5日間良い時間をありがとうございました。

今迄はWSというと、ペアが固定され、それぞれが作り、ひたすら発表する形式が最近は多かったので、物凄くベーシックなことを再確認できたのは、本当に良かったです。

また、本(岸田國士『紙風船』)についてもベースの共通認識の上で、それぞれの持ってくるものに、自分では考えつかないような事もあり、面白いなと思いました。

最終日、自分の好きな箇所というのをやったことも個人的に良かったです。

好きというのは、思い込みが強過ぎて視野が狭くなるものだなと改めて感じました。
それが枷になってかみ合わなくなったり、意図した方向からズレていく。

瞬時に自分のプランを捨てて挑む判断、気付きと転換をする勇気が必要だし、変更プランの多様性を用意でなくどう見つけられるか、共有するかだなと。用意は必要ですが、それに縛られてはいけないな等、自分の中に色々フィードバックし、考える良い機会でもありました。

また機会があれば参加させていただければと思います(今回は動詞で考える ⑴ となっていましたから、(2)を期待しております)

募集要項概要

役と俳優が歩みよる体験をしてみませんか?
人物の核をつかみ、奥行きと力強さを持って他の人物と対話する。
それはつまり、生きること。
「動詞で考える」ことからその旅は始まります。
繊細さも大胆さも、「動詞で考える」ことから探求する5日間。

4月23日(水)~27日(日)
昼の部 13:00~16:00
夜の部 18:00~21:00

募集は終了しました

生きることを目標とするのなら、
役の気持ちを考えるだけで十分でしょうか?
様々な事情とパーソナリティを抱えた人間を演じるためにどうしたらいいのか?
ステレオタイプの正解なんてつまらない。
答えに向かっていくのではなく、
答えを毎日創ってみよう!

その出発点は「動詞で考える」こと。
今、目の前の相手に何をしている? 自分自身に何をしている?
それはなぜ? なんのために? どうやって?
問いかけるたびに奥行きは深まり、力強さが増していきます。
そのたびにオリジナリティは研ぎ澄まされます。

ACFの芝居創りを体験していただき、他人と違う自分の素晴らしさに触れてください。
表現者としての俳優にたくさん出会えることを切に願っております。
一緒に創作しませんか?

――アトリエ・センターフォワード 代表 矢内文章

矢内文章

矢内文章

日韓ディレクターズMT『ソウル・東京・大阪の演劇を語る』

矢内文章 出演情報!

2014.4.5(sat)~6(sun)
日韓ディレクターズMT『ソウル・東京・大阪の演劇を語る』

大阪で新しくオープンするギャラリーでのトークイベントです。
東京からはタテヨコ企画主宰の横田修さんとワタクシ矢内文章。
大阪からエイチエムピー・シアターカンパニーの演出家笠井友仁さん。
そして、ソウル大学路に劇場を持つ人気の劇団チャイム代表のミン・ボッキさん。

それぞれが劇団のことや演劇への取り組みなどをしゃべり倒し、
お客様の質問にもお答えしつつ4人でディスカッションするという
かなり骨太な企画です。
なんとお食事会までついております。

大阪でのイベントです。関西にお住まいの方、ぜひ!

詳しくは主催のIKサロンHPへどうぞ!

099